キャッシング おすすめ

総量規制の説明

総量規制が行われるまでは、
「過剰貸付」「過酷な取り立て」「高金利」の
いわゆる3Kが社会問題化していました。

 

そのため増加傾向にあった「多重債務問題の解決」と
「安心して利用者がキャッシングできる市場にするため」に、
2010年6月18日に「総量規制」という"貸金業法"が生まれました。

 

また同じ時期に上限金利も20%に引き下げられました。
そのことと同時に総量規制により、貸付金額が制限されるようになりました。

 

総量規制が始まるまでは、金融業者の裁量で
融資がおこなわれていましたが、総量規制により、
利用される方の年収の3分の1までしか融資ができなくなり、
金融業者が総量規制に違反した貸付けをおこなった場合には、
行政処分の対象となってしまうことになりました。

 

 

ですが、この総量規制が適用され、
年収の3分の1までしか融資できないのは、
消費者金融会社・クレジット会社(キャッシング枠)・
信販会社(キャッシング枠)のみ
になります。

 

銀行や信用金庫・労働組合・農協などのカードローンは、
"貸金業法"ではなく、"銀行法"が適用されるために、
総量規制の対象外のものとなり、
年収の3分の1までの貸付という制限を受けません。

 

そのため、消費者金融などでは
年収の3分の1までしか借り入れができませんが、
銀行などでは、年収の3分の1以上でも借り入れが可能になるため、
「総量規制対象外のカードローン」と呼ばれています。

 

最近、銀行カードローンのCMを目にすることが多くなったのは、
銀行が総量規制対象外の商品であるため、
消費者金融では、審査の難しくなった顧客の獲得ができるために
各銀行がカードローンの宣伝をしたからです。

 

 

このような消費者金融と銀行カードローンの違いを認識していれば、
キャッシング申込み先の選択もスムーズにできます。

 

ですので、借入先の目安としては、
ご自身の年収の3分の1以上借り入れがある場合には、
銀行カードローンを選択し、
新たに希望する融資額を含めても、年収の3分の1を超えない場合には、
消費者金融会社か銀行カードローンが選択できることになりますので
申込みするときの一つの目安にしてみてください。

 

 

ただ、この総量規制は、多重債務者が増えたために生まれた法律ですので
やはり、借り過ぎには注意しなければいけないと思います。

 

 

総量規制対象外の銀行カードローン

 

年収等の3分の1以上でも審査に通過できれば
借り入れすることが可能な総量規制対象外の大手銀行のカードローンです。

 

 

http://cashingm.com/l/banquic/

ネットなら審査回答最短30分。
ATM手数料も無料です。
急ぎの方は、ATMコーナーなどに
設置のテレビ窓口なら
平日15時以降、土日祝日でも
大丈夫で最短40分で利用可能です。

実質年率 4.6〜14.6%
融資額 最高500万円
審査時間 最短30分
融資時間 最短即日

三菱東京UFJカードローンの申込み、詳細についてはこちら

 

 

総量規制とクレジットカード

 

クレジットカードや信販会社のカードを使用した
借入れ(キャッシング枠)については、総量規制の対象となりますので、
年収の3分の1を超える借入れがある場合、
新たな借入れをすることはできません。

 

一方、クレジットカードを使った商品購入(ショッピング枠)の方は、
"割賦販売法"が適用されますので、貸金業法の規制の対象外となり、
年収の3分の1を超える借入れがある場合でも、
クレジットカードで買い物をすることは可能です。

 

 

クレジットカードのキャッシング枠"貸金業法"総量規制の対象
クレジットカードのショッピング枠"割賦販売法"総量規制の対象外
ということになります。

 

 

総量規制例外のおまとめローン

 

銀行や信用金庫などの金融機関は、
貸金業者では無いので総量規制は適用されません。
そのような貸金業者以外の貸付全ては「総量規制対象外」となります。

 

そのほかに総量規制には、
「総量規制 除外」「総量規制 例外」というものもあり、
貸金業者が行う貸付ではありますが、一定の条件を満たした貸付であれば
年収の3分の1以上でも融資を可能とした例外的・除外的な貸付
のことをいいます。

 

 

総量規制の「除外」として貸付できるものには、

 

代表的なものとして、不動産購入のための貸付け、
自動車購入時の自動車担保貸付け、高額療養費の貸付などがあります。
同じ貸付けの残高としてあっても
総量規制の貸付け残高には含まれません。

 

 

また、総量規制の「例外」として貸付できるものの中には、

 

例えば、年収が300万円ある人が、100万円を借入れている場合、
これですでに3分の1となりますが、
緊急に医療費としてあと30万円借りたいというような申し出があったときに、
これについては例外規定という形で貸付けができる場合があります。
これが例外の貸付けにあたります。

 

 

「おまとめローン」は、この「例外」にあたり
顧客に一方的有利となる借換えとして貸付されることが可能です。

 

総量規制の貸付け残高としては算入するものの、
例外的に年収の3分の1を超えている場合でも、
その部分について返済の能力があるかを判断したうえで、
貸付けがされるものになります。

 

 

 

http://cashingm.com/l/cyuo-retail/

毎月の返済日を月に1度にでき
返済の手間が軽減できます。
また、借り換えすることで
支払い総額が減額されます。

実質年率 10.95〜13.0%
融資額 最高500万円
審査時間 受付より約2時間
融資時間 最短1日

中央リテールの申込み、詳細についてはこちら

 

 

総量規制例外のビジネスローン

 

総量規制とは、"個人の借入総額が、
原則、年収等の3分の1までに制限される"
仕組みを言いますが、

 

この貸付けの契約には
「個人向け貸付け」「個人向け保証」
「法人向け貸付け」「法人向け保証」の4種類があるのですが、

 

その中で、総量規制の対象となるのは、「個人向け貸付け」のみであって、

 

「法人向け貸付け」「法人向け保証」、
また個人向けであっても「個人向け保証」については
総量規制の対象にはなりません。

 

総量規制の対象となる「個人向け貸付け」とは、
個人がお金を借り入れる行為のことです。

 

ただし、個人が"事業用資金"として借入れる場合は、
原則として総量規制の対象とはなりません。
個人事業者に対する貸付は総量規制の「例外にあたるためです。

 

 

 

http://cashingm.com/l/mrf/

西日本での実績が豊富で
来店も不要です。
4.0〜9.9%の低金利で、
最大3億円もの融資が可能です。

実質年率 4.0〜9.9%
融資額 最高3億円
審査時間 受付より24時間以内
融資時間 個人により異なる

エムアールエフの申込み、詳細についてはこちら

 

キャッシングおすすめ 申込み人気ランキング

アルバイトやパート、派遣社員の方でも一定した収入があれば
キャッシングの申込みをすることができ、
無事に審査通過できれば融資が可能になります。
主婦、学生の方でも安定した収入があれば申込みできます。

自分に合ったキャッシング会社を選びたい場合、
その種類が多いことから、はじめて利用される方は、
多すぎて迷ってしまわれると思います。
適当に選んで申込みしてしまい、気が付けば損をしてる方も多いです。

そこで、安心して申込みのできるおすすめのキャッシング会社を
口コミや申込み人気評価順などから厳選してご紹介していますので
ご自身に合ったキャッシング会社を選んでみてください。

急いでお金が必要とされる方にもわかりやすく比較して、
出来る限り手間がかからないようにしています。
今は、はじめての方でしたら、
お得な無利息サービスがついているおすすめなキャッシングもあります。

おすすめ評価度 

レイク
初めての方なら、30日間無利息か、
5万円まで180日間無利息の選べる
2つの無利息ローンで大変お得!
主婦・主夫の方でもアルバイトなどで
安定した収入があれば申込み可能。
実質年率 4.5〜18.0%
融資額 1万円〜500万円
診断時間 申込み完了画面に表示
融資時間 公式サイト参照()

レイクの申込み、詳細についてはこちら

平日14時までのお申込みと必要書類の確認の完了が必要です。

おすすめ評価度 

アコム
最短30分という素早い審査回答や、
30日間金利0円のサービスほか、
CMなどでもお馴染みの安心さで、
初めてお借入する人に人気があります。
実質年率 3.0〜18.0%
融資額 1万円〜800万円
診断時間 最短30分
融資時間 最短即日

アコムの申込み、詳細についてはこちら



おすすめ評価度 

モビット
好感度が高く、対応の良さも評判です。
急ぎの方は、審査通過後、
お近くのモビットローン申込機で
カードの即日発行が可能です。
実質年率 3.0〜18.0%
融資額 1万円〜800万円
診断時間 最短10秒
融資時間 最短即日

モビットの申込み、詳細についてはこちら



貸付条件は変更される場合がありますので、
  申込み前に公式サイトにて再度ご確認ください。

 

ページの上に戻る

ブックマーク

おすすめ関連情報